ミシェル(ノルウェージャン) と サラ(ベンガル)の成長日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ミシェママ、帰宅しました。 



実家から帰ってきました。ももちゃんを連れて。

分からない人もいるかと思いますので、ちょっと説明。
年末に実家のワンコのももが体調を崩したので、
先週の13日から実家に介護に行ってました。
その間のこのブログ記事はミシェパパが大部分を書いております。


20090123-1
「あ、帰ったんだぁ?」


1週間ぶりのニャンの反応は、意外とクール?な感じです。
ま、それが猫なんですけどね。( ̄(エ) ̄)

サラはいつもよりもはしゃいでいる時間が長いみたいで、
私が帰ってきた喜びを表しているものだと、、思います。(* ̄▽ ̄*)ゞ


20090123-2
△オモチャで大興奮中△






☆・°:*:☆・°:*:☆・°:*:☆・°:*:☆・°:*:☆・°:*:☆・°:*:☆・°:*:







で、ももちゃんですが20日に旅立ちました。14歳でした。




20090123-3


13日に着いた日も食欲はあまりなく、高カロリーサプリメントが頼みの綱でした。

16日の午前2時、いっぱい鳴いていました。
その時はなんと、下半身マヒな体でベッドから這って出て、ちょっと離れた場所でチッコをしてました。
で、戻れなくなったので、呼んでた。^^

後ろ足を持てば、まだ歩ける力があると帰省した日に分かり、
少しだけですがハーネスを付けて、庭の中を歩いてたりしました。
それで感覚が戻ってたのかもしれません。

17日、ようやくカートが手に入り、散歩へと出かけました。
この日は土曜日で姪っ子たちも一緒に。


20090123-4
△後ろにアメショの姿。外猫みたい△


久しぶりに風を切って進む感覚、味わってくれたかな。
いつもの散歩コースの農道へ行き、そこでハーネスを付けて、ちょっとだけウロウロ。


18日は疲れたのかずーっと寝てた。


19日、ますます食欲はなくなり、呼吸は速く、体全体で息をしてる感じ。


20090123-5
△時々見せたスマイル△


この日の夜は11時と4時と7時に鳴いて、その度に見に行きました。

いつもと違って、体勢を整えても目を閉じて眠ろうとしなかった。
気になって、20日の7時からは側で本を読んだり、居眠りしたり、側にいるようにしてました。

その後、昼食の為に家に入った。
食後、あまりに眠かったのでこたつで寝て、2時ちょっと前に目を覚ました。
あー、寝すぎた!と思って、もものところへ行ったら、頭が下にだらんとしてた。


生きてる?生きてないの?

いつもなら、あ~よかった。おなか動いてたわー!ビックリさせないでよ。って、
毛布をめくって安心するんだけど、この時は全ての動きが止まっていた。

でも、体温はいつもと変わらない。

もしかしたら、また動くかも。とナデナデして待つけど、ダメだった。

こんなにあったかいのに。。。




20090123-6
△颯爽に走る元気な頃のもも△



ももは私が思春期真っ最中の頃に家で生まれたワンコ。
母犬の梅はももちゃんを産んで数ヶ月で亡くなってしまいました。

冷たくなった梅の体に乗ったり下りたり。無邪気に遊ぶ仔犬の姿、まだ覚えてる。

あれから14年。幸せだったかな。
答えを聞くのは怖いけど、最後の1週間は幸せだったと言って欲しいな。


20090123-7



おじさんは「ももは可哀そうだな」って言うけど、
私は全然そう思わない。だって、きっと生ききったと思うから。

もも、本当にありがとう。

虹の橋で待っててね。

[ 2009/01/23 19:15 ] 未分類 | TB(0) | CM(15)
ももちゃん、幸せだったと思う。
ミシェママ、お疲れ様でした。
[ 2009/01/23 20:22 ] [ 編集 ]
ももちゃんのご冥福をお祈りします。
とっても愛されて犬生を全うしたのですね。
ミシェママさんもお疲れ様でした。
最後のお写真、お散歩が楽しくて楽しくて仕方ないっていう感じで本当にいい表情をしてますね。
[ 2009/01/23 20:35 ] [ 編集 ]
おかえりなさい。
ももちゃん虹の橋へ旅立ったのですね。
スマイル写真可愛いです。
きっとミシェママさんが側にいてくれて嬉しかったんでしょうね。
虹の橋でも元気に走ってるかな。
[ 2009/01/23 21:11 ] [ 編集 ]
最近涙腺がゆるくて読んでるだけで(T-T) ウルウル

でも、ももちゃんはミシェママさんが来てくれてとっても嬉しかったと思います。
幸せな旅立ちだったんじゃないかな?

おさんぽもちょっとだけ出来て、よかったね ももちゃん
[ 2009/01/23 21:22 ] [ 編集 ]
ももちゃんのことを読んでいて、先代猫を亡くした日のことを思い出しました。
ずっと一緒に過ごしてきた家族を亡くすのってほんとに辛いことですよね。。。
だけど、ももちゃんはきっとすごく幸せだったと思います!
最期はみんなに見守られて虹の橋へ旅立って行けたのですもの。
きっと今頃は虹の橋で思いっきり駆け回っているんでしょうね!
ミシェママさんのほうはまだまだ辛くて大変でしょうが、にゃんずたちの相手をしながらのんびりゆっくり過ごして下さいね。
[ 2009/01/23 22:29 ] [ 編集 ]
お帰りなさい。そしてお疲れ様。

みんなに愛されて、みんなのことが大好きだったももちゃんは、ミシェママにそばにいてもらって幸せだったでしょう。
「きっと生ききったと思う」って、何よりの言葉だと思いますよ。
私も先代猫が旅立った時、悲しかったけど、自分もこの子も幸せだったなぁ、と思いました。
これからも、ももちゃんはミシェママと一緒なんだから、楽しいことだけ思い出してね。
それから、辛い報告してくれてありがとう。
[ 2009/01/23 23:47 ] [ 編集 ]
ミシェママさん、お帰りなさい。

ももちゃん、皆に愛されて最後の1週間だけじゃなく14年間幸せだったんだと思います。
だってミシェママさんが帰ってきて傍に居てくれるんだもの。

ももちゃん、最後まで頑張ったね。
生き抜いたね。
ご冥福をお祈りします。
もう痛くないし苦しくないし元気に走り回ってる事でしょう。
虹の橋で待つのに飽きたら、その時は待たずに生まれ変わっておいでね!
[ 2009/01/24 00:12 ] [ 編集 ]
ももちゃんの御冥福心からお祈りいたします。

ミシェママさん、ももちゃんお帰りなさい。
ミシェママさんが逢いに来てくれて
ベットから這って出たこと、オチッコできたこと
カートに乗って風を感じて…
ももちゃんも、きっとミシェママさんと過ごした日々を思い出しながら、懸命に残りの時間を過ごしていたんでしょうね。
「生命を見送る事」とても辛いことだけど、ご縁があって出逢ったからこそ必要な事です。きっと。
ももちゃん!虹の橋に行ったら、菜乃葉とお友達になってやってねm^-^m



[ 2009/01/24 00:13 ] [ 編集 ]
ミシェママさんおかえりなさい
お疲れ様でした。
ももちゃんは旅立ったのですね。
ももちゃんのご冥福を心からお祈りいたします。
子供の頃から一緒だったももちゃんに、
最後に一緒に過ごせたことは、
ミシェママさんにとっても悔いの無い最後を見届けることが出来ましたね。
ももちゃんも悔いなく皆さんにバイバイ、また会おうねって言う気持ちで虹の橋へと行くことができたことでしょう。
大好きな家族とお別れすることは淋しいことだけど、
これからもずっとそばで見守っていてくれることでしょう。
ミシェママさん、本当にお疲れ様でした。
生ききったと言ってもらえたももちゃんは、幸せなワンコですね。
[ 2009/01/24 04:52 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/01/24 08:05 ] [ 編集 ]
ももちゃん、幸せな14年間だったと思います。
ご冥福をお祈り致します。
虹の橋では、いっぱいのワンコやニャンコと楽しく遊んでるといいですね。
うちの先代猫とも仲良く遊んでくれるといいなぁ。
[ 2009/01/24 12:47 ] [ 編集 ]
ももちゃんはきっと幸せだったと思いますよ。
心よりももちゃんのご冥福をお祈りします
[ 2009/01/24 15:21 ] [ 編集 ]
お帰りなさい!
ももちゃん、虹の橋に旅立っていったんですね。
ももちゃん、大好きな人に見守られて幸せな旅立ちになったと思いますよ!
天寿を全うしてくれて有難う!ですね!
きっと虹の橋から見守ってくれていると思います。
ももちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。
[ 2009/01/24 17:42 ] [ 編集 ]
ももちゃんのご冥福をお祈りいたします

ミシェママさんお帰りなさい。
ももちゃんもマシェママさんも、最後の数日間を一緒に過ごすことができて良かったね。
近くに居てくれたこと、鳴くとすぐに来てくれたこと、歩かせてくれたこと、お散歩コースをカートで走りぬけたこと、ももちゃんはどんなに心強く幸せだったでしょう。全てがそこに居合わせたみんなの宝物だね☆
[ 2009/01/24 18:54 ] [ 編集 ]
みなさん、ありがとうございます。
あたたかいコメントがたくさん。私もももも喜んでます。

やっぱり、あの時こうしておけば、あれをしなければ・・・と、
時々思うこともありますが、全ては過ぎてしまったこと。
どうしようもありません。
悲しさから、実家に滞在中はちょっぴり情緒不安定気味になり、
親を困らせたこともありました。( ̄∇ ̄*)>テヘ
私ほど、動物好きではないので、いろいろあります。

でも、父からは実家にも分骨してくれと言われました。
私もそうしようとは思ったのですがあいにく火葬した日から
一気に風邪がひどくなってしまって、行うことが出来ませんでした。
また時期をみて、行おうと思います。
それまでは我が家に。

命って、尊いですね。
[ 2009/01/24 19:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
Ranking*
にほんブログ村 猫ブログへ
人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加中!
Calender*
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
人気ブログ Ranking*
Search*
Categories*
ブロとも申請フォーム
Mail Form*
メールはこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。